税金

記帳代行会社を利用した感想・値段と依頼するときのポイント

記帳代行

2018年8月から記帳代行会社に依頼しています。

記帳代行というのは、帳簿の作成を税理士事務所や民間企業が代行するサービスのことです。

領収書や通帳のコピーを送ると、担当者が会計ソフトに入力してくれて、帳簿ができあがります。

ブラックSEO

1.記帳代行会社を依頼した感想

それまで自分でMFクラウドを使って自分で帳簿を作成していましたが、できる限りブログを書くことに集中するためにいろいろなものとアウトソーシングしようと思ったのがきっかけです。

税理士試験の簿記論・財務諸表論に合格してるレベルなので簿記には不自由しないのですが、税理士事務所が行っている記帳代行会社に依頼することにしました。

依頼した感想としては、「もっと早くやっておけばよかった」というのが正直なところです。

もちろん、自分でできるわけですが、帳簿をがんばってつけても別に売上が増えるわけではありません

会計ソフトへの入力は、慣れればそれほど難しくないので、できてしまいます。

・・・できてしまいますが、帳簿をつける代わりにブログを書いた方が生産的です。

2.記帳代行会社の値段

多くの記帳代行会社が手間に応じて料金設定をしています。

手間の測り方は仕訳数(取引の数)です。

仕訳というのは「通信費1,000/現金1,000 切手代」みたいなワンセットのことです。

私が申し込んだ記帳代行会社では、月50仕訳以下だと月3,000円でした。

パッと調べた感じでは、月100仕訳で2,000円~5,000円くらいが多いでしょうか。

クラウド会計(MFクラウド・freeeなど)を使っていると、ネットバンキングやクレジットカード払いは自動的に取り込まれるので自分で確認だけで終わります。

入力が必要な「現金」の支払いや、ネットバンキングを利用していない普通預金をお願いしています。

多くの人はアフィリエイトの場合は仕訳数が少ないので最低ラインの料金だと思います。

私の場合、あとはオプションとしてレシート整理に月3,000円プラスしてます。

現金、預金、クレジットカードでそれぞれレシートや請求書が発生するので、それを整理してもらうためです。

レシートは別に紙に貼らないといけないわけではない(封筒保管でもOK)ので、依頼しないのも手です。予算次第ですね。

合計月6,000円です。

私の場合は負担にならない金額なので申し込みました。

3.記帳代行会社に依頼するときのポイント

3-1.まずはアフィリエイトのお金の流れを説明

相手によってはアフィリエイト自体を知らないこともあるので、どういう仕事でお金の流れはどうなっているかを説明しましょう。

アフィリエイトの場合はASPさんが間に入って月1回決まった日にまとめて入金してくれるので、他のビジネスに比べたらすごくわかりやすいと思いますが。

ASPからの入金数が多い場合には、ASP一覧をあらかじめ作って渡しておくと相手も分かりやすいですね。

他にも毎月同じものの繰り返しになるものがあれば、これはこうしてくださいと指示を出しておくとスムーズです。

3-2.ネットバンキング・クレジットカード払いにする

基本的には入力する仕訳数に応じて料金が決まるので、できるかぎりネットバンキングやクレジットカード払いを増やして会計ソフトと連動しておくと、相手が入力する仕訳数が減ります。

どうせ毎月同じような取引ばかりなので、そういうものは自動的にした方が間違いも少ないです。

クレジットカードは事業専用(会社なら法人カード)を作るといいかもしれませんね。

3-3.電子マネーを活用しよう

クレジットカードを選ぶ時は電子マネー(QUICPayやiD)が付帯しているクレジットカードを利用するといいでしょう。

電子マネーで支払うとサインもいらないし支払いが簡単です。

クレジットカードと同じく自動的に仕訳にしてくれるので、入力する仕訳数が減ります。

3-4.税理士事務所の記帳代行だと確定申告まで依頼できる

記帳代行会社を税理士事務所がやっている場合とそうでない場合があります。

確定申告書の作成代行は税理士しかできません。

ただの記帳代行会社に依頼すると帳簿を作るところまでで、あとは自分でやることになります。

自分で確定申告書まで作れるならいいですが、不安な場合は最初から税理士事務所に記帳代行も頼むと安心かもしれません。

まあ、アフィリエイトの確定申告はそんなに難しくないので、自分で1回はトライしてみるのも経験です。

ただ、個人的には1回目こそ税理士に頼んで色々質問して、2回目以降は自分でやった方が良いんじゃないかと思っています。

基本的に1年やれば後は毎年同じなので、最初が肝心だからです。

3-5.100%丸投げではなくチェックはしよう!

「丸投げでやります!」と宣伝しているものもありますが、最終的には自分でチェックしましょう。

入力されたものが納品されたら念のためさらさらっと見てみてください。

なんか違和感があればだいたいそれは変です。

最後に:お尻をたたいてもらうためにお金を払おう!

実はずっと「記帳代行ってお金がもったいない」と思ってやっていませんでした。

でも、毎月一定時期に資料をそろえて提出するので、何か月もまとめて手をつけていない「レシートの山」を見て「うげえ」と思う必要がありません。

「自分のお尻を叩いてもらうため」にお金を払っていると考えると、本当に安いなと思いました(笑)

アフィリエイトは「時間」が最大の資源です。

ある程度稼げるようになったら時間を作ることにどんどん投資すべきだと思います。

正直、自分でもできますよ。

だから今まで「自分の時間」を使ってやってたんですよね。。。

「できるけどやらない」っていうのはめちゃくちゃ大事です。

 

【限定特典付】アフィリエイトに特化した現役税理士Kが教える確定申告・節税マニュアル

ブラックSEO