クロネのブログ講座へ戻る

アフィリエイター&ブロガーが3月15日に地獄をみないための確定申告の5つの準備

こんにちは。黒猫執事のクロネです。

さて、今年も残り2か月ですね。

「そろそろ初めての確定申告の準備をしないといけないと思って不安になってきた」

という方が増えてくる季節でもあります。

そこで、「確定申告の準備」をどこから手をつけたらいいですか?ということで、何から手をつけたらいいのか、私がこの時期によくやっていることをまとめました。

1.領収書を1か所に集めよう!

青色申告だろうが白色申告だろうが、基本中の基本は、「領収書」を集めることです。

「領収書? あの紙切れ?」

とか思っているかもしれませんが、領収書というのは「金券」なんですよ。

目の前に金券があったら、それをごみ箱に捨てますか?

捨てませんよね。お金同然なんですよ。

1枚たりとも無駄にしてはいけません!

税金は、超ざっくり言えば、「収入-必要経費」に税率をかけたものです。

必要経費は多ければ多いほどいいわけですが、それを証明するのが領収書です。

別に「レシート」でもOKです。むしろレシートの方が内容が詳細に書かれているのでいいです。

これがあれば税金が少なくなります。つまり、お金が手元に残ります。

そのための引換券なのです。

まず、お店でもらう領収書をしっかり集めましょう。

2.ダウンロード型の領収書を印刷しよう!

でも、意外と忘れがちなのがネット上での買い物です。

amazonで買い物ばかりをしていませんか?

領収書は手もとにありますか?

「インフォトップ」での情報商材はもちろん、「note」とか、「ブログサロンの会費」とか、「PayPal」で支払ったものとか、サーバーやドメイン代とか、いろいろネット上で完結して「紙でもらわない」ものは、印刷しておくことをおすすめします。

それぞれの入手方法についても限定記事で説明します。

3.ネットバンクとクレジットカード明細を印刷しよう!

メガバンクとかゆうちょ銀行なら、銀行通帳が手もとにあるからそのまま書き込んだりしてOKですね(まだ記帳していない部分はメモしてはダメです)。

既に印字されている部分は、私なんか鉛筆でぐりぐりメモ書きしたり、マーカー引いてます。

これをやっとくと、あとで会計ソフト(MFクラウドとかfreeeとか)で確認するときに本当に楽なんですね(これなんだっけ?と思うので)。

それから、領収書と同じですが、ネット専用銀行を使っている方も多いですよね。

私も個人事業のときはアフィリエイト収入は全部ネット専用銀行を使っているので、そもそも通帳がありませんでした(今は法人化して通帳がある地方銀行をメインにしています)。

そのかわりに、毎月の入出金の取引がPDFでダウンロードできます。

正直、ペーパーレスで会計ソフトにデータが入っていればいいじゃん、と言う人もいるかと思いますが、ハッキリ言って、こういうのは「チェック」が大事なんですね。

紙で出しておいた方が間違えにくいんですよ。

ペーパーレス時代と逆行するんですが、ペーパーレスほど間違ったことに気づきにくいんです。

ペンでメモ書きしながらマーカーでチェックする原始的なやり方が良かったりします。

同じ理由で、必要経費の支払いに使っているクレジットカードの明細もWEB明細オンリーだったら、印刷しましょう。

4.ASPの収入明細を出す!

これについては、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)経由の売上の裏付けですよね。

そういうところも含めて、やっぱり収入明細も漏れがないか確認するために出しておいた方がいいと思うんですよ。

ただ困ったことに別に確定申告のために表示してくれているわけではないので、1年経たないうちに消えちゃうところもあるんですね。

だからそろそろ1回見ておいて、消えそうならプリントアウトしておくし、1年分表示されそうなら、今はいいので、来年1月にプリントアウトしましょう。

これはぜひ一度、「確定申告のため」だと思って確認してみてください。

何しろ、税務調査で1番目に見るのが「売上」で、売上が漏れているのが1番怖いですからね。

私は20以上のASPに登録しているので大変ですが・・・。

どういう画面を私は残しているかは、限定記事で公開したいと思います。

5.クラウド会計をこまめにチェックしよう!

クラウド会計、最近、開いてますか?

もし、青色申告をする方でクラウド会計!?何それ!?みたいな方は、もう、丸投げで決算書を作ってくれるところを探した方が楽かもしれませんね。

最近、開いてない方は、データの読み込みだけはした方がいいです。

銀行にもよるんですが、データの読み込みができる期間が短いと、1年分取り込めないとかあるんですね。

だから来年1月にやりはじめたら時すでに遅し、みたいな。

そうすると、せっかくの自動処理ができなくて、手入力になって面倒ですからね。

はじめて確定申告をする方は特にそうですが、ネット上で管理しているものは、本当に忘れたり間違えやすいので、できる限り紙にすることをおすすめします。

ちなみに会計ソフトのデータも入力されたものも、私は「印刷」して紙ベースで間違ってないか確認してます。

大体、何か間違っていたり、売上や必要経費が漏れています。

「いや~、自分、無理です」と白旗上げそうな方や、「そもそも確定申告やってる暇あったら作業したい」という方は、税理士に丸投げするとか、記帳代行会社に丸投げした方がいいですよ。

その辺の見極めも、今のうちにやっておいた方が、楽ですからね。

関連記事>>>アフィリエイター&ブロガーが税理士を選ぶときの5つのポイント

終わりに:3月15日に地獄を見ないために

確定申告はもう始まっています。

今から始めていたら、来年になってから、本当に楽ですからね。

なお、3月になると、twitter上で確定申告で苦しんでいるアフィリエイターさん&ブロガーさんを見ることができます。。。

最後に宣伝ですが、節税マニュアルで予備知識を得ていた方が、失敗する可能性も減りますよ。

>>>「アフィリエイトに特化した現役税理士Kが教える確定申告・節税マニュアル

 以前、クロネさんのサイト経由で、ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』を購入致しました。
クロネさんのブログ記事を読みたいと思い、メールをお送りした次第です。

ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』を購入させていただきました。

IDは*******になりますので、よろしくお願いいたします。

前から気になっていたのですが、そろそろ初めての青色申告を控えて不安になってきたので、クロネさんおすすめのNTSをこちらから購入させて頂きました。

購入特典を楽しみにしております。

いつも拝見させて頂いております。

この度、税金対策情報商材NTSをクロネ様より購入しました。つきましては保護パスワードを教えて頂けますでしょうか。どうぞよろしくお願い致します。

>>>「アフィリエイトに特化した現役税理士Kが教える確定申告・節税マニュアル

同じアフィリエイター兼ブロガーとして、お願いだから副業がばれたり確定申告をしないで税務署におびえる日々を送らないでくださいね。