稼ぐ

ブログ収益は「攻めの投資」と「守りの寄付」に使って稼ぎ続ける。

ブラックSEO

最初の収益の使い道は、投資と寄付

クロネさんは「月間8万PVで月間収益0円だったある趣味ブロガーの話」で書いているように、2013年2月にGoogle AdSenseに出会って、当時は月間8万PVのブログで収益が3,721円になりました。

そして、翌月に15,497円と換金の最低金額の1万円(現在は8千円)を超えたため、ほどなくして銀行口座に振り込まれました。

クロネさんはサラリーマンだったので、普段の生活費は給料からまかなっていましたが、初めて自分で給料以外に稼いだお金を見て思いました。

「このお金、どうしたらいいんだろう・・・」

自分のブログで稼いだとはいえ、10年以上、0円だったので、戸惑いました。

何か美味しいものでも食べに行くのも考えましたが、それは給料からときどき食べているといえば食べています。

いろいろ考えた結果、次の2つをすることにしました。

1つ目は、投資です。

2つ目は、寄付です。

収益⇒「攻めの投資」に

投資といっても、株式投資や不動産投資ではありません。

情報への投資です。

実は、Google AdSenseを知ってから、アフィリエイトも含めていろいろ情報を探していたときに、とても気になる情報商材を見つけたのです。

それは「アフィリエイトに関する情報商材」でした。

アフィリエイトはどういうものなのかよくわからなかったのですが、その紹介ページがとてもわかりやすかったので興味を持ったのです。

といってもクロネさんは情報商材というのがそもそも何なのかわかっていなくて、なんでこんなに高いんだとすぐには買う気になれませんでした。

そのとき、Google AdSenseの収益があれば、もともと自分が給料で稼いだお金でもないからなくなっても「プラス」が「0」になっただけで、何の損もないということに気づきました。

おいしいものを食べることもできましたが、それは一時の満足で消えてしまいます。

でも、クロネさんが見つけた情報商材の内容が良ければ、プラスがさらに大きなプラスになるのではないかと思いました。

それが、クロネさんにとって最初の「攻めの投資」でした。

※このときクロネさんが買った情報商材が何か気になる方は、最後までお読みください。

収益⇒「守りの寄付」に

そしてもう1つが寄付です。

クロネさんはそれまで寄付をするという習慣があまりありませんでした。

コンビニの募金箱にお金をたまに入れるかどうかくらいです。

自分の取り分が減ってしまうような気がしていました。

しかし、AdSenseで得たお金はたまたま自分のところに来ただけで、自分のものなんだろうかとも思っていたので、「月の売上の3%」を寄付しようと決めました。

なぜ3%にしたかというと、そもそも売上からは経費や税金を差し引くので、「売上の5%」はちょっと多すぎるなと思いつつも、「売上の1%」だと逆にあんまり寄付をした気にならないと思って、間をとって3%と決めました。

ある本でも、年収の1~5%の間で寄付をするといい、10%だと逆に多すぎると書いてあったので、その後も3%を目安にしました。

最初の3か月で2万円を超えたので、クロネさんは3%相当の600円を寄付してみました。

ハッキリ言って寄付をしたら運気が上がるとか、引き寄せの法則だとか、そんなものはクロネさんにはよくわかりませんでしたが、ただ1つだけ言えるのは、「精神的に楽になった」ということです。

これが、「守りの寄付」です。

クロネさんは、自分を精神的に守るために寄付をしていたのです。

もともとブログを通じてどうしてお金が入ってきたのかがまだ最初のうちは分かっていなくて、「本当に受け取っていいんだろうか?」というモヤモヤがありました。

でも、それから寄付をし続けることで、「自分が稼げばもっと寄付ができる」と稼ぐための大義名分ができました。

気づけば、お金を受け取ることに抵抗がなくなっていました。

投資と寄付が稼ぎ続ける支えとなる。

クロネさんは、その後もGoogle AdSenseとアフィリエイトの収益を、「攻めの投資」と「寄付」に使っていきました。

「投資」は、どう使ったらさらに稼げるようになるだろうと考えて使っていきました。

例えば、専用のノートパソコンを買ったり、タブレットやスマートフォンを買ったのも投資でした。

情報への投資はそれ以降も続けていました。

ブロガーさんやアフィリエイターさんと食事をするのにお金を使うのも、ある意味では投資です。

実際に稼いでいる人と会うと、「リアル」を感じます。

方法論を学ぶことももちろん大事なのですが、それ以上にクロネさんが大事にしていたのはお金を稼ぐということをいかにリアルに感じるかということでした。

また、「寄付」はその後も3%くらいは寄付を続けていました。

・・・ちなみにときどき忘れるので、そのときは翌月に2か月分やってました。

年間通じて3%になればいいか、という感じです。

サラリーマンとしての給料もあわせて3%相当を寄付するようになっていました。

忘れるのを防止するために、毎月定額でNPOに寄付するプランも始めました。

もちろん、ずっと右肩上がりとかではなくて、アフィリエイトをしていたメインの広告がなくなってがくっと収益が落ちたこともありました。

そんなときでもクロネさんを精神的に支えてくれたのは、実は寄付をしていることでした。

例え収益が落ちても3%相当の寄付をしているときに、気づいたのです。

「確かに収益は落ちたけど、寄付ができたということは・・・0円ではない」

そこからまた試行錯誤する中でチャンスをつかめたのは、チャンスをつかむ力を失わなかったからです。

寄付をしたら自動的に何か自分に良いことが起こるわけではありません。

でも、自ら良いことを起こそうとする原動力にはなります。

終わりに

ブログやアフィリエイトをきっかけに会社を辞めて独立する方には、神田昌典さんの『成功者の告白』という本をおすすめしてます。

光が強くなれば影が濃くなるというように、バランスってすっごい大事なんですよ。

特に精神的な方のバランスです。

寄付というのは、「自分って寄付する余裕があるんだな」という精神的なバランスをコントロールするためのお金の使い方なので、別に成功する前からでもいいので、精神的に安定するからだまされたと思ってやってみてください。

お金の大小は関係ないですからね。

別に毎月じゃなくても1年間貯めてからでもいいですから。

また、投資ということで、途中で紹介したクロネさんが買った情報商材が気になる方は、下記のリンクからどうぞ。

【限定特典付き】3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA plus」ルレアプラス

クロネさんは「ミドルレンジ戦略」「ロングレンジ戦略」をブログで実践した結果、本業の収入をアフィリエイトが上回ったみたいですよ。ショートレンジ戦略はつまらなくて合わなかったみたいですが(笑)

ブラックSEO