税金

アフィリエイター&ブロガーが税理士を選ぶときの5つのポイント

このブログでは「アフィリエイトに特化した現役税理士Kが教える確定申告・節税マニュアル」をすすめています。

でも、がっつり稼いだ方は、自分で勉強するよりも税理士さんに頼んで空いた時間で稼いだ方がコスパが良いと思います。

ん?

税理士ってどうやって選んだらいいかわからない?

そもそも何してるのって?

簡単に言えば、税理士は「お金に関するお医者さん」みたいなものだと考えてください。

つまり、税理士を探すってことは、かかりつけのお医者さんを探すのと同じです。

お金に関するかかりつけ医を探すための5つのポイントをご紹介します。

以下、面倒なのでアフィリエイター&ブロガーをまとめて「アフィリエイター」と呼んでます。

ブラックSEO

税理士に対するよくある不満

税理士に対する不満には、だいたいこんなものがあります。

  • エラそうにしていて話を聞いてくれない(年配の人に多い)
  • 依頼したことに対するレス(対応)が遅い
  • 電話やメールをしても連絡・返信が遅い
  • 情報提供や節税の提案がない
  • 報酬が仕事に見合っているのかよくわからない
  • 担当者が退職や異動でコロコロ変わる

実際には、複数の税理士さんに実際に会って選ぶことが多いので、その際に聞いた方が良いと思う「質問事例」も合わせて記載しました。

ポイント1:税理士ってどんな人たち?

「エラそうにしていて話を聞いてくれない(年配の人に多い)」と書きましたが、かかりつけ医なのに、エラそうにしゃべってたら嫌な気持ちになりますよね。

税理士は、医師と同じ「国家資格」です。

(1)税務署の職員が退職後に資格を取る場合と、(2)税理士試験(5科目)に合格(大学院に通って一部の科目免除もあり)して資格を取る場合に大きく分かれて、実は、7万人超のうち、およそ半分が60歳以上の超高齢化社会です。

だから40代でも税理士業界では若手なんです(;’∀’)

自然と自分よりも年上の人たちが多いということになります(中には手書きで申告書を作っている人もいます)。

ただし、実際には税理士事務所の「職員」(この人たちは資格を持っているとは限りません)が担当することも多いので、業界的には20代、30代の人たちもたくさんいます。

この点は、お医者さんとは違いますね。

実際に税理士を頼んでいる人たちが求めていることの多くは、

「相談・質問・提案」

がちゃんとできるかどうかです。

個人的な経験からしても、20代後半から~40代のフットワークが軽い税理士や職員に担当してもらうことをおススメします。

50代以上の方でもレベルの高い方は多いですが、おそらくアフィリエイターの方からすると年齢が自分の両親に近いかそれ以上になって、相談しにくいのではないかと思います。

また、高圧的な態度でお客さんを叱るような税理士や、社会人としての常識がない税理士も論外です。

現在は競争が激しくなってサービス業だという自覚がある方が多いですが、選ぶときには気をつけましょう。

【質問事例】

  • 「相談や質問は気軽にできますか? メールでやりとりでもいいですか?」
  • 「法人成りした方がいいのかシミュレーションや提案はしてくれますか?」

ポイント2:税理士ってどんな仕事?

税理士の仕事は、

  • 確定申告書を作ってくれる
  • 確定申告書を代わりに税務署に出してくれる
  • 税金の相談にのってくれる
  • 税務調査に同席してくれる

のが主な仕事です。これは税理士にしかできません

資格を持っていない人がやったら「ニセ税理士」としてつかまることもあります(無料だとしても!)。

関連記事>>>アフィリエイトに関する税金の相談は「無料」でできますか?

この他に、

  • 決算書類を作ってくれる
  • 会計ソフトで帳簿を作ってくれる(記帳代行)

などができます。

しかし、最近はクラウド会計の登場などで作業だけでは報酬がもらいにくくなってきたので、専門特化した「コンサルティング」ができる税理士も増えています。

例えば、アフィリエイト専門税理士、というのも、

  • アフィリエイトに関する節税の提案
  • 同業他社(他のアフィリエイター)の事例を紹介
  • 売上の分析などから収入アップの提案

することもできる人は、心強いですね(最後の収入アップの提案はアフィリエイトでは珍しいですが)。

じゃあ、アフィリエイトのことを知らない税理士でもいいのか、と疑問に思うところですが、アフィリエイトについて説明をすれば、たいていの税理士さんは理解できるでしょう。

それ以上の付加価値を相手から得られるのか、確認しましょう。

得られないとしても、その分安くやってもらえるならいいでしょう。

それはホームページだったり、問い合わせや面談の時に質問することで分かると思います。

【質問事例】

  • 「アフィリエイターのお客さんは何人くらいいますか?」
  • 「アフィリエイター特有の節税って、何かありますか?」

仮にアフィリエイターがお客さんにいなくても、なんとかしようとする姿勢をちゃんと見ることができる人は、その後も良い関係が築けると思います。

そもそも、すべての業種を知っている税理士なんていませんからね。

ポイント3:顧問料って何?

税理士の報酬(顧問料)がよくわからない原因は、これらの仕事の原価が「人件費」にあるためでしょう。

(1)「顧問料」の相場

顧問料の相場は昔に比べると結構下がっていますが、月額2~3万円くらいが多いと思います。

多くの場合、月に1回あなたの事務所(自宅兼事務所)に訪問して、会計ソフトをあなたが入力していればそれを確認するのが一般的です。

ただ、最近は「クラウド会計」で共有して訪問は3か月~半年に1回ということもあるので、訪問が絶対ではなくなっています。

税理士

月額1万円を切っているところも増えており、税理士業界的には価格破壊が起こっています。

月額800円はさすがにどこで儲けてるのかヤバすぎます。

まあ、正直なところ、アフィリエイトの場合は収益確定のタイミングと必要経費のところをちゃんと最初に交通整理しておけば、後は同じ取引の繰り返しです。

個人事業者で従業員を雇っていないのであれば、顧問料が月額5万円は高すぎるのではないかと思っています。

会社の場合は、家族を役員にするとかスタッフを雇うかどうかで変わるとしても、製造業や小売業に比べると非常に楽だと思います。

なぜそんなことが起こるかというと、「売上高」だけで顧問料を決めている税理士さんが多いからです。

今でも割と多いですが、取引がそんなに複雑ではないことをしっかりと説明して、顧問料を引き下げるよう交渉しましょう。

特に「PPCアフィリエイト」はアホみたいな顧問料になっている場合もあります(;’∀’)

(2)「決算料」の相場

そして、決算料(決算書、確定申告書を作る費用)は顧問料とは別になっていることが多く、月額顧問料の3~4倍程度が目安です。

顧問料に含めている場合も増えています(その場合は毎月一定額)。

あるいは、顧問料もコミコミで決算料を年間で10万円~20万円などと決めている場合もあります。

1年に支払う金額で考えましょう!

高いかどうかわからない方は、顧問料×12月分と決算料を足して、1年分の支払金額を見てください。

月5万円×12月分+月5万円×4倍80万円

おいおい、80万円あったら、パートさんを8か月も雇えますよ。

そんなに何かやってもらってます?

ちゃんとホームページを作っている税理士は顧問料と決算料を表にして、しっかりと公開していることが多いのですが、逆に言えば、そうすること自体が珍しいくらい、「相手の顔色と売上高を見て」決めているところでもあります。

なんで税理士なのに明朗会計じゃないんだ!と思うところですが、顧問料の原価は「税理士自身やスタッフの人件費」です。

まあ、アフィリエイター&ブロガーもある意味そうですね。

言い換えると作業量(=時間)で報酬が決まる部分が多いので、作業量がどれくらいかかるか見ているのです。

【質問事例】

そこで、この人は良い税理士なんだけど、顧問料が高いな、と思ったら、こういう点を確認して、減らせないか交渉してみましょう。

  • 「(売上高で顧問料が決められている前提のとき)アフィリエイトの場合、作業量は少ない方なので安くなりませんが?」

アフィリエイトは利益率がかなり高く、スタッフを雇っていたり、PPCアフィリエイトでもなければそんなに原価はないでしょうから、売上高が高くても、作業量は他の業種と同じようにされては困ります。

  • 「事務所に来てもらう回数を減らすことはできませんか?」

例えば、毎月1回を3か月に1回にするとかですね。

アフィリエイトの場合、年間売上1,000万円以下のレベル(消費税の納税が不要なレベル)であれば、毎月来る必要性はそんなにないと思います。スタッフを雇っているところは、毎月でもいいかもしれませんね。

  • 「そもそも税理士事務所に自分が行くと安くなりませんか?」

来てもらうとその間の「移動時間」も顧問料にカウントしていることがあるためです。仮に近所だとしても、下がる可能性があります。

  • 「担当は自分と同年代でフットワークの軽い職員にできませんか?」

あえて税理士ではなく、税理士事務所の職員にするのもありです。

もちろん、ある程度のレベルがないと困りますが、税理士が行く方が時間単価が高く設定されていることが多いため、税理士が来ると月3万円、職員が来ると月2万円ということもあり得ます。

ただし、この場合には、年に1・2回は担当者だけでなく、責任者である税理士も交えて話す機会を得るようにしましょう。

ポイント4:個人事業主は必要経費について聞いてみよう!

アフィリエイターにとって、1番大事なのは「必要経費」だと思います。

必要経費と誰でも判断できるものもあれば、とってもグレーなものまでいろいろあります。

税理士としての力量が問われるところです。

そこで、自分が気になっている必要経費になるかどうかよくわからないものについては、面談の時に聞いてみましょう。

大事なのは、

「どうやって答えてくれるか」

です。

あなたがそれを聞いて「素人の自分にも分かりやすく説明してくれた」と思ったら、ポイントが高いと思います。

・・・まあ、「何でも経費になりますよ!」というトンデモ回答でなければ、そんなにおかしな回答は出てこないと思います。

でも、こういう説明が分かりやすいかどうかにその人の力量が出るので、よく見ていてください。

この人の説明は分かりづらいな~、とか、「そんなこと知らないの?」みたいな態度だな~、とか、そう思ったら、これから長いお付き合いは・・・できませんよね。

【質問事例】

  • 「自宅の家賃の一部が必要経費にできるって聞いたのですか、どれくらいなるんですか?」
  • 「取材で旅行に行ったんですが、これも経費になりますか?」

ポイント5:税理士はそもそもどうやって探すか?

(1)先輩アフィリエイターに紹介してもらう。

冒頭でお医者さんを探すのと同じ、と言いましたが、1番いいのは「この先生、良いですよ」という情報ですね。

どういう点が良いのか、先輩アフィリエイターさんにぜひ確認してみてください。

  • アフィリエイトのことをよく知っている
  • 節税の提案をちゃんとしてくれる
  • 必要経費についてわかりやすく説明してくれる
  • メールのレスが早い

など、事前に確認できます。

デメリットは、先輩アフィリエイターから紹介された手前、断りにくいということがありますが、合わないと思ったら、きっぱりと断りましょう

それは、みんなのためです。

(2)リアルの知人や友人は微妙

知人や友人で税理士をしている人にお願いするのも1つの方法です。

というか、そっちの方が多いかもしれませんね。

でも、あまり関係が近すぎると、「お金」という非常にプライベートな情報をやり取りするので、個人的にはあんまり身近すぎる人にお願いするのは避けた方が良いのではないかと思います。

親せきのオジサンが税理士だったので頼んだら、自分の両親に「筒抜け」だったとか、友人が税理士として開業したので頼んだら、儲かっているからとお金をせびられたとか、そういう話をよく聞くので・・・。

個人の税理士の売上は1,000万円以上になれば多い方だったりするので、「え? そんなに儲かっているの?」という空気を知人・友人間で漂わせるのはとても微妙です。

また、外科医は自分の身内の場合は手術しないそうですが、第三者の方が客観的に見ることができるので、安心ということもありますよね。

(3)「税理士紹介会社」で探す。

まったく縁がないという方の場合、よくある方法は、ネット上で税理士紹介会社を使って探す方法ですね。

え? 税理士紹介のアフィリエイトサイトをもってる? そうですか(笑)

紹介会社を使って税理士を探されたアフィリエイターのタイガーさんの記事をご紹介します。

参考 成り上がりアフィリエイト

税理士紹介サイトを4社使って7人の税理士と面談した感想と節税対策

私が知らないだけかもしれませんが、あんまり自己アフィリエイトできる案件はなかったような気がします。

終わりに

税理士さんを探すのって、難しいですよね。

でも、どんな方法でもいいので、絶対に妥協せずに税理士を探しましょう。

税金の計算は、誰がやっても同じではありません。

節税の提案がちゃんとできる税理士でないと、年間で数十万円以上の差が出ることもありますからね。

ちなみに、税理士さんを頼むときでも、自分も税金の知識を知っていた方が良いのですけどね。

ほら、お医者さんでもセカンドオピニオンっていうのがありますよね。

節税マニュアルで予備知識を得ていた方が、失敗する可能性も減りますよ。

>>>「アフィリエイトに特化した現役税理士Kが教える確定申告・節税マニュアル

ブラックSEO